スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公正証書遺言のすすめ

 千葉市の税理士ふくやまです。

 遺言状というとなんとなく資産家が遺産の配分を生前に決めておくようなイメージになりますが...

 必ずしもそうではありません。

 少子高齢化の現代では遺言を残すことで相続時のトラブル回避が図れるケースがいくつもあります。

 例えば...

 子供が居ない夫婦の場合など...

 財産は夫名義の不動産(居住用)と現金預金が数百万円というような状況で夫がお亡くなりになったとします。

 夫の両親は既に他界していますが妹が健在とします。

 この場合、法定相続人は妹と妻ですね。

 法定相続分は妹が1/4で妻が3/4となります。

 居住用の不動産の相続税評価額が5000万円とすると相続財産は五千数百万円です。

 未亡人となった妻としては当然のことですが今までどおりに自宅に住み続け残された現金を生活の糧にしようと考えます。

 しかし...

 ここで妹が相続分を主張して遺産分割を求めてくるととてもややこしくなります(汗)

 妹の法定相続分は1/4ですから千数百万円分は妹に遺産分割しなくてはなりません(滝汗)

 現金預金が数百万円ですから不動産を処分するか共有名義で相続するか...

 はたまた借金をして代償分割(相続分相当のお金を支払う)するか...

 いずれにしても簡単ではありません。

 相続財産は遺産分割協協議で法定相続人全員の合意があればどのような遺産分割でも良いのですが、1千万を超えるような遺産を目の前にして「義姉さん〜遺産は全部あなたが相続すれば〜」というようなことにはなりません...

 子供がいない夫婦には必ずといって良いほど想定されるリスクだと思います。

 想像しただけでも面倒ですし気分が重くなります...

 このような場合、夫が生前に遺産は全て妻に相続させる旨の遺言を残しておくことで問題は回避されることになります。

 兄妹には遺留分はありませんからね〜

 特におすすめなのは公正証書遺言と遺産執行者の指定です。

 遺言にもイロイロありますが公正証書遺言は公証人役場の公証人が遺言状を書きますので、法的に瑕疵があることが少ないということと、遺言状を公証人役場で保管するので安心ということと遺言状の家庭裁判所による検認が不要という点がメリットといえます。

 遺言状に遺産執行者を指定しておくと相続後スムーズに遺産の名義変更等が行えます。

 デメリットは少々費用が必要な点...

 実際に公正証書遺言を作成する際は行政書士に依頼することになるので税理士としてはあまり出る幕はないのですが...

 相続というと相続税が大変だ〜となりがちですが...

 確かに相続税は負担が大きいので決して軽んじてはいけませんが、スムーズな遺産分割のための遺言状は第一に検討するべきことだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

分割協議書を作成するお金と手間を考えたら、
絶対に公正証書遺言作成がお勧めですよね。

まだまだスタンダードな方法ではありませんが、
超高齢社会から派生するトラブルを未然に解決する手段として
脚光を浴びる日が来るかもしれません!

そのときは是非、お声を掛けてください… e-446

To くるぶしさん

こんばんは。
おっしゃる通りで、遺産分割協議書を作成するより公正証書遺言のほうがおすすめですよね。
問題は、生前に為すか、死後に為すかという違い...
ここが難しいのかもしれません。

No title

私もお勧めします~。ポチッ!

To しんめいさん

おはようございます。
最近は終活ブームですが、もっと公正証書遺言の効果を啓蒙するべきだと思います。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。