スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の記帳指導の傾向

 千葉市の税理士ふくやまです。

 税務署では希望する新規青色申告者や白色申告者に対して無料の記帳指導を実施しています。

 実施主体は税務署ですが、実際の指導機関は商工会議所や青色申告会や税理士会だったりします。

 私は所属する千葉県税理士会では県内税務署の記帳指導のうち個別訪問型の記帳指導を引受けていおり、私も毎年1~2件ですが、指導させていただいています。

 記帳指導とは文字どおり「帳簿の付け方」を指導することをいうのですが...

 最近は個人事業者といっても「紙の帳簿で~」という方は少数派になってきています。

 世の中「IT化」ですからね~

 ということで...

 最近は記帳指導といっても「帳簿の付け方(書き方)」ではなく実際には「会計ソフトの入力方法」だったりします(汗)

 記帳指導ではなく入力指導...

 それはそれで意味のあることだと思っています。

 今どきPCのない個人事業主は少数派です。

 せっかくのPCですから事業に有効活用するのは当然のことで、事業におけるPCの活用に適しているのが会計ソフトの導入だったりします。

 しかし...

 実際に簿記の知識も無く、データベースソフトの仕組みを理解していないような方が自己流で対応できるほど、会計ソフトの入力は簡単ではありません。

 家電量販店で大量に販売されている会計ソフトですが、その何割かはインストールしたものの「放置プレー」というよう状況なのでは(滝汗)

 零細な個人事業者にとって会計ソフトを買うことは難しいことではありませんが、使いこなすことは意外と大変なことだと思います。

 で...

 「現金取引の仕訳」、 「預金入力」、「売掛・買掛の入力」そして「決算処理」。

 私の場合、大きく4回の指導で会計ソフトの記帳・決算を修得していただきます。

 合計4時間...

 4時間というのはとても短時間ではありますが、それ以上時間をかけることはできませんので、とにかく形を覚えていただきます。

 教わる方も大変ですが、教える方も会計ソフトやPCについてそれなりの知識が求められます(汗)

 税理士試験には会計ソフトやPCの知識は求められませんけど...

 実務では必須の知識です(滝汗)

 おまけに税法同様、ITも物凄いスピードで変化していきます。

 ぼ~っとしているとあっという間に「浦島太郎」になってしまいます(汗)

 日々、勉強ですね~ 



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
会計ソフトは残念ながら量販店で手に入れればOKという訳ではなく、初期設定や操作、もちろん簿記の知識も必要になりますからね~。
途中で挫折してしまう方も当然いらっしゃると思います。
そういった意味では、会計ソフトのことを知る税理士に初期指導を受けるという機会は誠に有用な事だと思います~。

To 税理士いとうさん

おはようございます。
会計ソフトの入力を月イチ、4回の4時間でマスターするのはかなり大変なことです(汗)
それでも紙の帳簿での記帳指導よりは習熟率は高いような気がします。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。