スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記帳代行というサービスの限界

 千葉市の税理士ふくやまです。

 税理士事務所のサービスは事務所ごとに特色があります。

 まず必ずあるサービスが決算・申告業務ですね。

 決算書と申告書を作成して税務署へ提出するというのが税理士の本業中の本業です。

 ここに付随して「記帳代行」や「経営〇〇」ですとか「融資対応」のようなサービスがあったりします。

 これは付加価値的なものですから、事務所の運営方針で「記帳代行」は引受けないということもありますし、「経営〇〇」や「融資対応」も同様に引受けない事務所があります。

 また、報酬についてもそれぞれ個別に設定している事務所もありますし、すべてインクルーズしている込々報酬の事務所もあります。

 このサービス内容と報酬体系が事務所ごとに異なる上に今イチ分かりにくいところが税理士事務所のアレなところといわれています(汗)

 で...

 ウチの事務所は記帳代行と税務調査立会い日当以外は年間込々の月額定額制となっています。

 記帳代行というサービスは零細事務所にとっては結構な魔物でして...

 単純に資料を預かり会計ソフトに入力するだけならそれほど問題ないのでしょうが、実際に記帳代行を依頼されるお客さんは簿記の知識に乏しいわけでして(汗)

 記帳に必要な資料をしっかり用意していただくことが最初の難関だったりします(滝汗)

 ゴソッ~と資料を丸投げしていただいても良いのですがそうなると細かな微調整がどうしてもできなくなるのが記帳代行の短所だったりします。

 一方で資料をきちんと整えられるよな環境であればハッキリ言って自分で記帳したほうが良いということになりますから、心の底からお客さんのことを考えるのであれば自計(自社で会計ソフトを入力)いただくことをおすすめするのがマジメな税理士のあるべき姿だと思います。

 ちなみにウチの事務所でも記帳代行をお引受していますが...

 既存のお客さんについても順次、自計化をおすすめするようにしています。

 新規のお客さんでも記帳代行を希望されることがありますが...

 事務所の方針として年商5千万程度までの新設法人のみ記帳代行をお引受するような運用になりつつあります。

 またですね...

 記帳代行をお引受する場合は月次決算(のうな集計)は対応できません。

 というか。意味がありません。

 資料をお預かりして会計ソフトに入力して月次決算のような資料を作成するということはその資料は少なくても2カ月以上前のデータということになります。

 資金繰りの検討や経営の指標として活用するにはちょっとアレです。

 そういう資料が必要であれば記帳代行は依頼せずに自社で会計ソフトを入力するべきでしょう。

 これが記帳代行サービスの限界だと思っています。

 だからと言って記帳代行は完全お断りというわけにもいきません...

 ここまで説明してもなお記帳代行を希望されるお客さんがいるのも事実なので、そういうお客さんへのサービスとして引き続き、細々とですが...

 記帳代行サービスを続けていくことにはしています。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
税理士事務所にとって、記帳代行を事務所経営上(収益を含めて)どう判断するかもありますが、同時に関与先さんが記帳代行料という料金の上乗せに対してどうお考えになるかもありますので、難しい問題ですね~。
おっしゃる通り、会計データを参考しうる資料として活用するならば、自計化は避けて通れない作業なのですが、そこまでの価値を見出さない関与先さんがいらっしゃることも現実でして…。
きちんと説明して経営者さんに判断していただくしかないのでしょうが、方向としては自計化推奨というのは全く同感です~。
いずれにしろ、記帳(確認)に必要な資料は漏れなく収集をお願いしたいところですが…(汗)

No title

こんばんは。

記帳代行は資料の収集次第かと思います。
ふくやまさんがおっしゃられるように、記帳代行をお願いする事業者さんは知識に乏しいから、記帳代行をお願いするわけですから、当然、資料の整理状況も危険な状態が多い。

それに、記帳代行は、代行料を払わなければならないわりに、それに見合う成果が自計に比べると、どうしても悪くなってしまう。

面倒だからとか、分からないからやらないという理由なら、私は引き受けません。出来るようになるまで、何度でも教えるつもり。長い目でみると、自計化したほうが、事業者のためになると思っています。が、現実、記帳代行をやっていますが^^;

To 税理士いとうさん

おはようございます。
記帳代行を引受けることで税理士が「帳簿屋」になってしまう傾向はありますよね。
記帳のために雇用をするコストと比べると通常の記帳代行料はリーズナブルなのかもしれません...
しかし、そうなることで税理士の仕事も記帳が第一になりがちで...
結果的には品質の高い税理士サービスとはならなくなるという懸念が生じます。
まぁ、税理士としての考えでお客さんはそれぞれですが...

To Gucci55さん

おはようございます。
1人会社で「帳簿がまったく分かりません〜」となればどうしても記帳代行を引受けることになります。
もっともその程度の規模であれば税務上の複雑な問題もありませんからね〜
しかし、そういう会社も成長していく訳でして、どこのタイミングで自計化するのか...
という問題もあったりしますよね〜
記帳代行を引受けることは良いとして、その後が課題になりますね。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。