スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税の試算をしてみる(汗)

 千葉市の税理士ふくやまです。

 会社の税金でなにが一番大変かというと「消費税」だと思います。

 予定どおりであれば来年の4月から消費税は8%にその翌年には10%に税率が改正されます。

 消費税がキツイのは...

 売上に対して課税される(正確には売上金額に含めて徴税される)ところで、課税事業者にとっては売上高の一定割合を年イチ(又は年数回)まとめて納税するところにあります。

 例えば税理士事務所の場合、簡易課税を選択すると事業区分が第5種なので課税売上高の2.5%が納付消費税(地方消費税含む)となります。

 これが消費税率8%になると課税売上高の4%(汗)

 さらに消費税率10%になると課税売上高の5%(滝汗)

 自分のことはさておき...

 課税事業者になると消費税の申告・納税は避けてはとおれませんし時期が来ると必ず納税の必要が生じることになりますし、さらに言えば税額も結構な金額になりますから消費税の納税見込額の試算は適時にお客さんにお知らせすることになります。

 もっとも消費税というのは売上高の推移予測がある程度の精度であればおおまかな納税額は事前(例えば事業年度開始時の事業計画策定時)に見込めますので...

 見込めるのは良いのですが...

 最近は、平成26年4月以降の税率改正を見込んだ試算になりますから前期対比で納税額がかなり大きくなります(汗)

 おそらく増税後は消費税率相当の価格改定によって売上高も増えるのでしょうけど...

 納税見込みはかなりの精度であっても増収については現状では希望的な予測(滝汗)

 資金繰りが余裕しゃくしゃくの会社などはそうそうありませんので、マジメな社長ほど「納税資金の準備ができません~」と不安感全開になったりします。

 はい...

 税理士も同様に不安感全開でございます(滝汗)

 消費税の試算をすればするほど、税率改正後の円滑な消費税転嫁を確保しなければと真剣に感じます。

 そう考えるとですね...

 「消費税還元セール」というような販売促進を規制することにも一理あると思ったりします。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
どうやら決まりそうですね。
税理士事務所としましては、大変になるでしょうが慎重かつ丁寧に処理しなければなりませんね。
税務処理だけでなく、自身の事務所の納税資金対策も含めて(笑)

久保剛史と申します

久保剛史です。
わかりやすいですね!
また見に来ます。

To 税理士いとうさん

こんばんは。
消費税増税はもう既定路線だと思います。
そうとなればそれなりの対策を講じなければいけまんせんね(汗)
納税資金は特に重要ですね〜

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。