スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用特区と正規雇用と非正規雇用

 千葉市の税理士ふくやまです。

 先日、国税庁から民間給与実態統計調査の結果が公表されました(報告書はこちら)。

 給与収入の平均は前年より1万円低くなりましたね...

 そんなことよりも私が注目しているのが、今回から正規雇用と非正規雇用の区分ごとに平均給与収入が統計されていることだったりします。

 ちなみに...

 男性は正規雇用の給与年収520万円です。

 一方で非正規雇用の給与年収は225万円です。

 この数字を見ても明らかなように収入という点では正規雇用が圧倒的優位にあります。

 だから...

 給与所得者で経済的に豊かになろうと思えば、正規雇用(正社員)を目指すということになります。

 ただし...

 経営者にとって正規雇用というのは経営上のリスクだったりします(汗)

 一度正規雇用をすれば簡単には解雇できないのが日本の雇用制度です(滝汗)

 で...

 正規雇用される側も超ハッピーかといえばそうではないように思えます...

 正社員は一度昇給するとなかなか減給されることはありません。

 これは見方を変えれば若い社員がいくら有能で業績を残してもダイレクトに昇給に反映されないということでもあります。

 正社員なので定年まで会社に雇ってもらえる...

 こういう気持ちが能力と報酬の乖離についてなんとなく納得してしまう雰囲気を醸し出す...

 これってどうなんでしょう?

 個人的には正規雇用と非正規雇用という区分はどうなんだろう?と思っていたりします。

 実際に非正規雇用でも正社員と同様かそれ以上に働いていることもありますし...

 世の中には特殊な能力が求められるような仕事と単純に労働力を提供するというような仕事があると思います。

 前者については求める能力に応じた報酬を提示して雇用契約を結ぶという(イメージは年俸制+インセンティブ)スタイルが良いような気がしますし、後者については職能別時間給というようなスタイルが良いような気がします。

 つまりは終身雇用制とはサヨナラして能力給&職能別時間給というスッキリとした仕組みに...

 解雇条件は労使が平等に条件に合意して...

 能力給の場合は目標を設定することになるので目標達成に当たっては勤務時間なども無制限に...

 一見、乱暴なような気がしますが経営者も労働者にも悪い話ではないと思います。

 えっ!

 正社員で定年までの身分保証がなくなるのはキツイ?

 でも、終身雇用だから頑張っても給与が増えないということもありますし、終身雇用だから転職を躊躇して不満のある職場で働き続けているということもあるのでは...

 そういった意味で注目しているのが雇用特区構想です。

 厚労省などは反対しているようですが...

 私はド派手に大規模に特区を指定していただきたいと思っています。

 と...

 本日はどうでも良い独り言でございます<(_ _)>


 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
自分で事業を営んでいる人間からしますと完全成果主義ってごく当たり前のことなのですが、サラリーマンに導入するときっと大騒ぎになるでしょうね~(笑)
企業という看板の元でぬくぬくなんてできなくなりますから…。
最後のは独り言です(笑)

To 税理士いとうさん

おはようございます。
企業の場合は個々の力を結集してということもありますから、チームプレーも大事なことは間違いないでしょうね~
それはそれとして...
勤続20年だから〇〇というポストで給与は〇〇円~
というような仕組みではこれからはキツイのではと思っています。

No title

こんにちは。

完全成果主義なんてとりいえれたら大騒ぎですね。でも、公務員にそれを取り入れたところを見てみたい。本気の行政を見てみたい(笑)今は売上も利益も上がっていかない時代ですから、給料だけ年齢とともにあがっていくのはオカシイと思います。

税理士も年齢と共に給料を保証してほしいです(笑)

To Gucci55さん

こんにちは。
個人的に思うのは雇用契約を分類して完全成果主義に適した職域と時間給のように仕事量に単金を乗じた給与体系に適した業務を分類する必要があるのかと...
つまりはホワイトカラーエグゼンプションの導入ということでしょうか。
米国ではサラリーマンの約2割がWEです。
残りの80%は時給制...
格差社会を増長するとかいわれていますが、今の日本は上と下をコンプレッションしているだけですから生産性は今イチでしょう。
公務員へのWE導入は霞が関の審議官・部長級だけでしょうね~
あとは時給仕事のような気がします。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。