スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成26年4月からは消費税8%です

 千葉市の税理士ふくやまです。

 各種報道のとおり平成26年4月から消費税の税率が5%から8%へ改定されることになりました。

 人間の心理というのは不思議なもので...

 消費税を増税するという法律が成立してから1年近く、消費税8%~と煽られていたこともありますから多くの方は「ふ~ん...」という感じなのではないでしょうか。

 「ふ~ん」というのは肯定的というようり既定事実の追認のような雰囲気...

 消費税が導入時は税率3%でした...

 それが現行税率の5%になったときは経済も少々の混乱を生じ、消費税の転嫁がスムーズにいかない(下請への値引き圧力)というようなこともありました。

 以前にも書きましたが...

 消費税というのはなかなか上手な節税方法がありません。

 それなのに不課税取引や非課税取引に係る仕入控除は損税となってしまったり、免税売上に係る課税仕入控除の還付や免税事業者の益税など普通の人にとっては「???」というような特性があったりします(汗)

 今後、消費税が8%になり、いずれは10%になり、さらに税率が高くなるかもしれません...

 こういった消費税の特性による税負担の差(あえて不利益とか不公平とは申しません...)は税率が高くなるほど大きくなります(滝汗)

 消費税が10%になると免税事業者は課税売上1千万円で100万円の益税...

 同様に、給与(不課税取引)を1千万円支払うのとアウトソーシング(外注)で1千万円支払うのとで仕入控除は100万円の差...

 さて...

 話は変わりますが...

 今までは価格表示は消費税込又は消費税を明示した「総額表示」となっていましたが、今後は消費税を抜いた本体価格のみの表示も可能になります。

 消費税の節税というのはなかなかできないのですが、スムーズに消費税を価格転嫁するために、また、便乗値上げや値下げ圧力等を回避するために、価格表示方法などは工夫をしていきたいところです。

 弊事務所も昨年から税込総額表示から消費税額を明記した総額表示へ報酬表を改訂しています。

 消費税というのは法人税や所得税などと違って税金の仕組みというのがとても特殊です。

 間接税といってしまえばそれまでなのですが...

 税金を負担する人と納める人のルールや申告や納税方法のルールは普通の人には大変理解しにくい、税理士などの専門家でも違和感を感じるようなところがあります。

 今まで以上に消費税については意識していかないといけないと思いつつも...

 どうしても感覚的に好きになれない税目だったりします。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

経過措置の件ですが・・・
請負契約の9月30日までの契約について。
土木業者の場合
「元請け→当社→下請け」

パターン①売上5% 外注5%

パターン②売上8% 外注8%

パターン③売上8% 外注5%

パターン④売上5% 外注8%

いずれも、キャッシュの流出の点では、損得なし。

よって、9月30日までに慌てて当社が契約(元請けとの契約及び下請けとの契約の両方または片方)をする必要はない???。

結局、9月30日までに契約だけ済ませておくことで得が生ずる者は、最終消費者であり、損するのは国となり、その間に入る業者は、損得なし???

わかりずらくてすみません。

No title

おはようございます。
消費税における益税、損税の問題はアレですが、どうしても得意先からの実質値下げ圧力がおこってしまうことを危惧しています。
特に下請けの場合は、制度上の云々を超えた部分がありますので…。
そのあたりの不安感はどうしても拭い去ることが出来ません~。
ポチッ!

To ヒロさん

こんにちは。
申し訳ございませんがブログコメント欄で質問対応はしておりません。
悪しからず<(_ _)>

To 税理士いとうさん

こんにちは。
不安といえばそのとおりですね(汗)
個人的希望でいえば「淡々と粛々と」移行していただきたいです。

No title

おはようございます。

消費税の増税にあたってブログに書いてある通り、雇用の形態を変えていく事業者も出てくるでしょう。5%の現在でさえ、それをしようとする人がいるのだから。

雇用関係をなくせば節税!みたいな手法が流行るのかな・・・。

とにかく、消費税が10%になったあとの、飲食や娯楽が傾かないか心配です。

To Gucci55さん

こんばんは。
給与と外注費の区分は税務的には明確に区分されるのですが...
「請求書と領収書をもらえばOKでしょ〜」というような社長さんは実際のところ多いですよね(汗)

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。