スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業をしていることが勤務先にバレない?

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所ではメールによる無料相談を行っているのですが、最近「副業をしているのですが会社にバレないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?」というような内容の質問をかなりいただいております。

 そもそも私は税理士なので会社と副業先と個人間の情報管理についてコメントするような立場ではないのですが...

 それでは話の腰を折るようなものですから(汗)

 例として副業でがっぽり儲けてですね...

 所得税の確定申告をしたということで考えてみようと思います。

 所得税の確定申告をすると申告した情報は地方税法の規定によりその年の1月1日現在の住所地の市区町村へ連絡されます。

 正確にいえば連絡ではなく地方税当局(市区町村)が申告書の内容を閲覧するということなのですが、実際にはITの世の中ですからデータを送信して~となります。

 この所得税の申告情報や勤務先から提出される給与支払報告書などの資料をベースに住民税が賦課決定されることになります。

 ちなみに所得税の確定申告ではなく住民税の確定申告をした場合でも基本的な流れは同じです。

 住民税の納税方法には大きく2パターンがあります。

 一つは普通徴収といって個人の住所地に賦課決定通知(住民税の課税通知書)が届き、年税額を数回の納期に分割して自分で納税する方法です。

 これが基本的な納税方法ですね。

 二つ目は特別徴収といって個人の主たる勤務先に課税通知が届き、年税額を毎月の給与から天引きして勤務先が納税する方法です。

 地方税法では給与の支払者は原則として特別徴収をすることになっていますから、いわゆる「副業バレ」を心配するサラリーマンの方の住民税は特別徴収によることがほとんどだと思います。

 つまり...

 副業で給与所得以外の所得があった場合、住民税の課税通知が勤務先に届くことで副業かどうかはともかくとして給与以外の所得があることが勤務先に知られることになります。

 もっとも、全社員の課税通知をそういった観点でチェックでもしないとなかなかわかるものでもないような気がしますが、リスクとしては非常に大きいことは間違いありませんね(汗)

 そこで...

 所得税の確定申告書に「給与所得以外の住民税は普通徴収で納付する」というオプションを選択することになります。

 この選択をすると給与所得に係るもの以外の住民税は普通徴収となり個人の住所に納税通知が届くことになります。

 税務面で「副業バレ」の話題といえばこの程度のお話しでしかありません。

 で...

 本当に所得税の確定申告書に「給与所得以外の住民税は普通徴収で納付する」とマークすれば勤務先に副業がバレないのかという点ですが...

 こればかりはなんともいえません(滝汗)

 給与所得以外の住民税を普通徴収で納付するという選択は「副業バレ」を回避するための制度ではなく給与を支給されている勤務先からは給与に係る税金しか天引きしないということを申し出る制度ですから...

 さらには税務面以外にも副業先との関係が明るみにでることもあるかもしれませんし...

 この手のお話しはどんな専門家に聞いても「絶対に大丈夫です~」というようなことにはならないでしょう(汗)

 要するに...

 自己責任でということですね(滝汗)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初めてのやさしいしいアフィリエイトGuide

初めてのやさしいしいアフィリエイトGuidehttp://bit.ly/1ibdNwI http://bit.ly/1ibdNwIhttp://wimaxpr.web.fc2.com/index.html

最ネス通信新ビジ

最ネス通信新ビジhttp://wimaxpr.web.fc2.com/index.html

ご褒美

ご褒美

フランチャイズ開業!無料資料請求

フランチャイズ開業!無料資料請求http://sirohygood.web.fc2.com/ii.html

コメント

No title

おはようございます。
確かに時々いただく質問ですね~。
ご質問をいただく方って、金融商品とかではなくて本業に影響を及ぼす懸念があったり、就業規則に抵触するような副業なのかもしれません。
副業の申告に力を入れている(?)税理士さんのHPかブログを見た記憶もありますが、私には確定申告書へのチェック程度の知識しかありませんので、そこには近づく予定はございません~(笑)
なんせ、事と次第によっては税金云々という問題では済まなくなってしまいそうで…
ポチッ!

To 税理士いとうさん

こんばんは。
副業の申告に力を入れている税理士さんがいるのですか?
まさか怪しげな経費を着け込んだグレーな還付申告指南とか??
所得税法37条の主旨を逸脱しないようにしないとアレですね~
個人的には副業に限らずバレたら困ることはやらないのが一番だと思うのですが...
人それぞれですからね~

No title

こんばんは。

あるある質問ですね。また、解答に困る質問です。


確かに、バレ困ると思うなら、やらないほうがいいと思います。私はバレても構わないので、やっていましたが^^;
金額的に大きくなれば、経理担当者も黙認するような気はしますが、そればっかりは税理士には分からないことですから、自己責任ですよね。


私は、副業はやったほうが良いと思います。本業に支障が出るかもしれないですが、良い影響が出ることも考えられます。私はいい影響が出ていたと思います。まぁ、人それぞれですか・・・。

To Gucci55さん

おはようございます。
副業をするのは自己責任でというのはそのとおりですね。
あるある質問としては
「税務調査に入られた理由は?」
というのもありますが、顧問先であれば推測はできますが一般論としては税理士にも分からないというのが本当のところ(汗)
意外と多い質問です。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。