スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続放棄と代襲相続

 千葉市の税理士ふくやまです。

 相続というのは被相続人がお亡くなりになった瞬間に発生して遺産は相続人に引き継がれることになります。

 そのままなにもしなければ遺産の分割割合などはアレですが、相続人はプラスの遺産もマイナスの遺産もまとめて相続することになります。

 仮に莫大なマイナスの遺産があったり、相続そのものに関わりあいたくないというような場合は相続の放棄を裁判所に申し出ることになります。

 で...

 ウチの事務所に相談いただくケースで良く誤解されているのが「相続の放棄」だったりします。

 相続の放棄は相続の発生を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に申し出なければなりません。

 よく「相続を放棄したんですよ~」と伺っていたのが実際には遺産分割協議で相続分がないことに合意しているということだったりします。

 これは相続を放棄したのではなく、遺産の分割割合を「0」にしただけです。

 どちらでも遺産がもらえないという点では同じなのですが、相続を放棄した場合はそもそも相続人として存在しないことになるので、例えば代襲相続なども生じなくなるというような違いがあります。

 ややこしいのはですね...

 自分の父親が莫大な借金を残してお亡くなりになったので息子さんは相続の放棄を申し出たとします。

 これで息子さんは父親の相続人ではなくなりますから莫大な借金も相続することはありません。

 それから数年後に、父親の父親(祖父です)がお亡くなりになったとします。

 この場合は息子さんは父親の相続は放棄していますが、祖父の相続については代襲相続することになったりします(汗)

 というように...

 単純ではない相続の場合は周辺事情をよく検討して適切な対応を行うことが求められます。

 他にもよくあるのが、相続手続きを2世代以上に渡って怠っていることで不動産の名義は数代前のままというようなケース(汗)

 いざ、売ろうとしたら遺産未分割(滝汗)

 こういった時には提携している行政書士や司法書士に頑張っていただきます。

 私に限らず、税理士というのは士業ネットワークの中心であることが多いので、ややこしい相談はとりあえず税理士にしてみて最適な相談相手(士業)を紹介してもらうというのがよろしいかもしれませんね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
是非とも税理士に相談していただきたいですね~、直接出番が無くても提携する専門家を紹介することは出来ますから。
そんなナビゲーションが出来るのも税理士の直接対応のウリなのかもしれませんね。
ポチッ!

To 税理士いとうさん

こんばんは。
士業ネットワークの中心が税理士だと思っているのは買いかぶりでしょうかね(笑)
でも、やはり相談は税理士から〜というのがおすすめだと思います。
ただし、税理士事務所の運営方針にもいろいろありますから、相談する事務所はしっかりと選んでいただきたいですね。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。