スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

融資を受けることは簡単ですが注意しなければならないこともあります

 千葉市の税理士ふくやまです。

 税理士事務所はもちろんのこと、行政書士事務所や経営コンサルタントなども事務所のウリに融資サポートを掲げていることがありますよね。

 ウチの事務所も決して融資に強い事務所ではないのですが…

 融資サポートはメチャクチャな件数をこなしています(汗)

 他所の事務所は融資の成功報酬として融資実行額の数%程度を請求することがあるようですが、ウチの場合は月額定額制事務所なので融資サポートも特別に報酬をいただくようなことはありません(交通費もいただきません)。

 確かに1000万円の融資実行で成功報酬50万円〜とかいただけたら超嬉しいというか、念願のキャンピングカーが買えてしまいそうですが(笑)

 当り前のことですが…

 特段の報酬はいただかないといっても毎月の顧問料はいただいていますから、融資サポートは一撃必中を期して頑張らせていただいております。

 おかげさまで開業以来、融資申込で不覚をとったことがないというのがウチの事務所の密かな自慢だったりします(ブログに書いている時点で密かではありませんが…)。

 で…

 融資を受ける際に特別なノウハウがあるのかといいますと…

 実は特別なことはなに一つなかったりします(汗)

 しかし…

 特別なことはないのですが注意しなけでばならないことはいくつかあります。

 例えばですね…

 税金を完納することは融資を受ける最低条件だったりするのですが、完納というのは納期限までに完全に納付するということですから、納期限を過ぎて税金を全額納付したということでは不十分だったりします。

 こういうところは思い立ったからといって時間を遡って対応することはできませんから、やはり日々の心がけが重要ということなのでしょうね〜

 経営者の経歴なども可能な限り正確に伝えるようにしたいですね。

 事業計画というか収支見込みなども見映えが良いものが有利かというと意外とそうでもなかったりします。

 資金繰りも含めてさっぱりとした内容でもリアルなものを作るようにしたいですね。

 金融機関だってお金を貸すのが商売ですからしっかりと融資返済に不安がないことが理解できて一生懸命に事業を頑張る気持が伝われば必ず見方になってくれると思います。

 そして融資審査で重要なのは「面接」です。

 ウチの事務所では金融機関に拒まれない限り必ず面接には同伴するようにしています。

 イロイロと考え抜いて作った事業計画でも誤解を受けるような説明をしては台無しです(滝汗)

 社長さんは金融機関の対応に慣れているわけではありませんから極度の緊張からカミカミになってしまうこともあったりします。

 税理士として社長の代わりに説明をするというようなことはちょっとアレかもしれませんが、社長が言葉足らずになっている点を補足するようなサポートは必要だと思います。

 ちなみにウチの事務所は融資サポートのみの依頼はお断りしています。

 こういう業務は本当に手間がかかりますし気合いも必要ですから、対応させていただくのは信頼関係がしっかりと構築されている顧問契約をいただいているお客さんだけです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
ウチにはまだありませんが、融資対応のみを希望されることってあるのですか?
ウチも融資対応は、関与先様に限っては無償サポートとさせていただいていますが、経営革新支援機関の認定を受けると、融資案件ありきの依頼が出てくる可能性もあると思います。
そういった場合って、顧問契約を前提(継続モニタリングの必要性)での対応でよいのか?融資業務限定とか継続モニタリングのみでも対応しなければならないのか?
様々なケースが出てくると思いますが、都度検討・対応といったところになるのかもしれませんね。
ポチッ!

To 税理士いとうさん

おはようございます。
融資対応のみの相談というのはウチの事務所ではまだありません。
メール相談での問い合わせ?は数件ありますが、もちろんメール相談で対応できるようなものではありませんので(汗)
経営革新認定機関で融資対応ありきの案件は現状では信金さんがメインで対応しているようです。
我々は税理士ですから融資対応だけというのはちょっとアレですよね~

No title

おはようございます。

融資対応だけを望まれても、税理士は金の引っ張り屋ではないし、融資を受けたあとの対応も重要だとわかっているので、それだけでは仕事しにくいですね。私もしたことがありません。

事業計画書って、案外かっちりしていないとダメなイメージもありますが、最後は人 対 人 になるので、熱意があれば、多少荒削りなものでも良かったりしますね。教科書通りに作っても、理解してくれないときもありますし、私はまだ模索中です。

To Gucci55さん

こんばんは。
融資の申込みに事業計画はとても重要な要素ではありますが、小規模企業の事業計画がそんなに緻密であるはずがありませんよね。
ウチの事務所で作成するのはせいぜい1~2ページです。
それよりもその1~2ページを補足するために面接に同伴することのほうが重要だと思います。
税理士が顧客の事業詳細について理解していることをアピールすることもできますし、結果的に金融機関に対する税理士の信用もアップすると思っています。
でも月に5件とか融資対応があると資料作成と面接とお客さんとの打ち合わせで泣きたくなるほど時間が足りなくなります。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。