スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異業種参入

 千葉市の税理士ふくやまです。

 起業した時から計画しているのかどうかは別にして、事業が軌道にのってくると当然のことですが事業の拡大を目指すことになります。

 あっ!

 経営者の中にはあえて事業規模を拡大しないことを選択する方もいらっしゃいますから、必ずしも事業の拡大が唯一無二の命題ということではありませんよ(汗)

 事業の拡大といってもですね...

 現在の業種業態をそのまま拡大してくいようなスタイルと、類似業種(隣接業種)へ多角化を図るようなスタイルと全くの異業種へ進出するスタイルとがあるようです。

 
 隣接業種へ事業拡大することも異業種へ参入することも事業の多角化ではありますが、特に異業種参入というのは既存のノウハウなどをあまり活用できないだけに事業拡大の手法としてはリスクが大きいといえます。

 それでも異業種参入を目指す経営者というのは常に一定規模存在するようです。

 思うに... 

 異業種参入が成功すれば事業の核が2つになるという経営上のメリットの大きさ。

 そもそも経営者(起業者)はフロンティアスピリット満載なのでよりリスキーな選択を好む?

 というか常に新しいことを始めるのが好きな人が多い。

 で...

 異業種参入で悩ましいのは業界慣習などの文化的な違いへの適応とか...

 物凄く馬力がある社長さんはそもそも業界慣習などをぶち壊すというか我が道を行くようなところがあって、これまた属人的なパワーで成功してしまったりすることもあるのですが(汗)

 普通の場合は「郷に入れば郷に従え」というように新規参入する業界の慣習には従うもの...

 問題なのは...

 小規模企業の場合、リサーチ力がどうしても弱いのでマーケッティングなどはしっかりと調査しても業界慣習などのインサイドインフォメーションの収集が今イチになりがちだったりします。

 参入してみて初めて気付くようなことも多々あるようです(滝汗)

 だからといって、ネガティブになるようではいけません。

 目の前の問題はなぎ倒して前進する~

 ちなみに個人的趣味の世界ではありますが...

 私は経営については超ポジティブ指向です。

 お客さんに異業種参入について相談をいただいても、よほどのことが無い限り止めません(笑)

 もっとも税理士が止めたくらいで考えが変わるようではアレですよね~

 顧問税理士としては勝負に勝てなくとも負けない(大敗しない)ように支えるのが役目だと思っています。

 経営は負けないことが一番大事。

 頑張っていきましょう~

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
異業種参入もやはり社長様の考え次第でしょうか。
例えば本業がうまくいっていないので・・ちょっと隣接業種に参入してみる・・というのはちょっと賛成できかねますね~。
本業がうまくいっていない原因・改善策等をしっかり検討した上で、ならわかりますが。ここを曖昧にしておくと、新規参入してもまた、同じことですからね。
その辺がクリアなら、経営上とても有効ですね~

No title

おはようございます。
異業種参入というのは、顧問税理士としてもワクワク&ドキドキします。
別の関与先さんで経験のない業種ですと経営者さんのフォローが出来るように色々勉強しなければなりません。
ただでさえ日常業務に追われアップアップなので大変ですが、それもまた楽しいですね。
ポチッ!

To 根岸さん

こんにちは。
伸びている会社はなにをやっても伸びていくといえばそれまでですが...
それでも閉鎖的な業界に異業種から参入するのは大変ですね(汗)
市場が閉鎖的だったり既得権保護の規制が多いような場合はイケイケの私でもお引止めすることがあります。

To 税理士いとうさん

こんにちは。
私は業種・業態に無頓着なのであまり業種のお勉強というか研究はしないのですが(汗)
商慣習などを知らないと会計処理で思わぬ落とし穴にハマることもありますからね(滝汗)
最低限の知識は必要ですよね~

No title

おはようございます。

金回りの悪い商売をしている経営者の方が、日々の現金を手に入れるために「たち食いうどん屋」をやろうと言ったことがありました。

うどん屋はいいとして、動機がきついため、会計事務所の担当者に反対されていました。始める動機をしっかり考えていれば、うまくいっていたかもしれません。

税理士としては、難しい判断になりますね。

今まさに異業種に参入しているお客さんがいますが、うまく行っています。

To Gucci55さん

こんにちは。
デキる経営者はどのような業種業態でも良い結果を出しますよね。
一方、本業がアレな経営者がやみくもに異業種に算入してもなかなか良い結果は得られないようです。
経営者に適格なアドバイスをと思えばどうしても厳しいことを申し上げることもある...
それが顧問税理士ですよね~

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。