スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジニア魂

 千葉市の税理士ふくやまです。

 今年も残すところ1日と少々...

 明日のネタは決まっているので、いいかげんなことを書くのは今日が最後になります(汗)

 私の趣味といえばキャンプとスキーということになっておりますが...

 実は自動車も大好物だったりします。

 家庭を構えてからは故障知らずで装備もそつない優等生なトヨタ車一筋でありますが、それ以前は欧州車(基本はイタ車)や国産でもマツダやいすゞといったちょっとマニアックなメーカーのクルマを好んで乗り継いできました。

 特にマツダ車にはイロイロと思い入れがあり、つい先日もクルマを買い替える際に最後まで候補に残っていたりもしました。

 で...

 マツダといえばロータリーエンジンです。

 マツダは世界で唯一、ロータリーエンジンを量産化した自動車メーカーなのですが、残念ながら昨年でロータリーエンジンの生産を中止しています。

 ロータリーエンジンは通常のレシプロエンジンに比べて少ない排気量で大きな馬力が得られるという特長があります。

 また、エンジンがとても軽くて小さいのも特長です。

 しかし、高出力が得られる反面、燃費が悪かったり排気ガスをクリーンにするのが難しかったりという短所もあって、省エネ優先の今のご時世では採算が取れるほど売れない...

 現代の自動車メーカーは中小企業が市場に参入することはほとんど不可能でいわゆる量産車メーカーというのは世界基準の大企業ばかりです。

 マツダも大企業ではありますが、世界の自動車メーカーの中ではハッキリ言って中小メーカーの部類になります。

 つまり...

 独自技術を磨くには軍資金が厳しいハズ(汗)

 なんといっても世界中で真剣に実用的な自動車用ロータリーエンジンを研究・開発しているのはマツダだけですから(滝汗)

 その他のメーカーはレシプロエンジンの研究・開発で切磋琢磨するわけですから、その差は大きすぎます...

 マツダだってレシプロエンジンの研究・開発もしっかりとやらなければなりません(マツダのレシプロも評価高いです)。

 しかも...

 ロータリーエンジンの開発でウハウハ儲かるとは思えませんから、普通の経営判断であればロータリーの開発は撤収~となるのですが...

 なんとロータリーエンジンの開発は現在も脈々と継続中とのこと~

 最近の報道ではEV(電気自動車)の航続距離を延ばすために発電用のエンジンを搭載する(PHV~プラグインハイブリット)用のエンジンとして再登場するとのこと。

 ロータリーエンジンの長所である「小さくて高出力」というところを最大限に活用できるようです。

 ロータリーエンジン開発の歴史というのは涙なくして語れないほどの苦労の積み重ねだったそうです。

 実際に世界中の自動車メーカーが開発に挑んでみたものの様々な理由で撤退して量産化に成功したのは世界中でマツダだけ。

 「マツダのエンジニア魂ここにあり」といったところでしょう~

 こういう技術者集団がいるのが日本という国も強みなのでしょうね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



 

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。