スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事始めといいつつブログの記事を書くために1時間ほど費やしてみる

 千葉市の税理士ふくやまです。

 このブログ(マジメな税理士のいいかげん日記)の特徴として「土日休日のアクセスが劇的に少ない」というのがございます(汗)

 休日となると平日の1/4程度のアクセスしかありません...

 年末年始などは(滝汗)

 で...

 こういう時には好き勝手なことを書くのが一番だったりします(いつも好き勝手書いていますけど...)。

 世の中の大きな関心事のひとつに「景気は本当に良くなるのか?」ということがあると思います。

 経済学者や経営学者や〇〇アナリストや占い師など、多くの専門家がイロイロなことを語っていますよね~

 占い師は根本的な部分がスピリチュアルなので私ごときが批評はできませんが... 

 私が思うには景気の予測というのは学者には難しすぎる問題というのが本当のところだと思っていたりします。

 経済学というのは過去に発生した事実を検証する学問で、着目するネタが変わると同じ事象についての答えというか考え方が異なることもよくある話だったりします。

 つまり、世の中で発生している事象というのが数限りなくあるので、現在のなにかのポイントに着目してコメント(分析や考察といったりします)してもそれはめちゃくちゃピンポイントな前提条件の下でのお話しということになります(汗)

 要するに当たらない(滝汗)

 経済学的なアプローチでは経済の未来は予想できません。

 しかし...

 経済学というのは現在の状況を分析するにはかなり有効だったりします。

 例えば、現在がデフレを脱却してインフレに向かっているのかというような評価などはそれなりの確度で分析できたりします。

 以前にも書きましたが...

 デフレというのはモノの価値が下落することをいうのではなく需要と供給のギャップがある状態のことであるということを理解いただきたいと思います。

 表現は少々アレですが、景気というのは短期的には潮の満ち引きのように循環的な変動があります。

 デフレ状況下でも短期的には物価の上昇はあり得ます。

 したがって、単純に物価が上がってきたからデフレ(需給ギャップ)が解消したと判断することはちょっと危険かなと思ったりしています。

 需給ギャップというのは「売りたいものがこれだけあります~」という供給に対して「その財はもういらないよ~」という状態...

 一方で「〇〇が100個欲しい~」と世の中の人々が思っているのに「〇〇は10個しかありません~」という状態があります。

 これも需給ギャップですが状況はインフレとなります。

 ここから先のお話しはハイパーにややこしいので超簡単に書きますが...

 株価が上昇したり、外国為替が変動したりして日本の国内に限っていえばお金が余る状況というのが発生したりします。

 こういう状況の場合はお金が余ってしまうのでついつい無駄遣い?(余計なモノも買ってしまう)のような状況になります。

 これだけでは本当の意味での需給ギャップの解消にはなりません。

 需給ギャップの解消には「世の中の人が欲しがるようなモノを作り供給する」ことが絶対に必要です。

 要するに売れないモノを作り続けている限り、ダメ~

 売れないモノを作り続けている会社は売れるモノを作る会社に変わらなければならないということです。

 つまりはデフレの解消には「構造改革」が必要ということですね。

 で...

 この1年間で産業構造の改革は発生したのでしょうか?

 もしかすると短期的な(潮の満ち引きのような)円安による物価の上昇とそれに伴う資金フローの増加(カネ余り)でぬか喜びしているだけかもしれません。

 雇用の確保・維持も大切ですが...

 売れないモノを作っている会社にバラマキ政策で雇用や賃金を増やそうとしても結果は...

 さて...

 産業構造を改革するためには企業が頑張るだけでは限界があります。

 市場から退場する企業も出てくるでしょうし新たな芽を育てるためにベンチャー支援も必要です。

 こういった部分は国の政策によらなければ...

 アベノミクスでいう「第3の矢」ですね~

 2014年は日本経済にとってとても重要な1年になるような気がします。

 あっ!

 来週からは確定申告のネタ満載で頑張りますので(汗)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

ある程度の年になると
ほしいものがなくなりますね。
住まいも、車も、家電もとりあえずはそろっているし
壊れるまではいらないし
壊れても工夫して使ったりして(汗)

家庭菜園をやっていると野菜はあまりいらないので
切実に需要が有るのは堆肥や糠や種(大汗)

アベノミクスの敵のような生活です。

To 間取作造さん

こんにちは。
おっしゃる通りで高齢化社会はどうしても消費が縮小していきます。
これはとても重要で、政治家や行政は高齢化社会で経済成長を達成するにはどうしたらよいのかというところをしっかりと考えていかなければならないと思います。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。