スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の確定申告は配当所得の申告が激増する?

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ご存知のこととは思いますが...

 平成26年1月1日以降に支払われる上場株式等に係る配当所得は申告分離課税を選択する場合、所得税&復興特別所得税15.315%地方税5%となります。

 源泉徴収税額も同様です。 

 今までは所得税7%に住民税3%ですから税率は倍になります。

 そもそも配当所得というのは総合課税のみだったのですが平成21年から申告分離課税も選択できるようになり上場株式については軽減税率ということもあって申告分離課税を選択する方が主流になり、さらには申告不要制度もあったので配当所得は源泉徴収でおしまいということもOKだったり...

 なにがなんだかわからない程にややこしい状態だったりしました。

 平成26年以降も申告分離課税制度や確定申告不要制度は残るのですが、なにしろ申告分離課税の税率が倍になりましたから今後は総合課税で配当所得を申告するケースが激増するのではと思っています。

 総合課税の場合は配当控除も適用できますしね~

 しかし、配当所得の申告で超面倒なのは配当所得の計算書添付義務だったりします(汗)

 特定口座で管理していないものはこの計算書を全部添付しなければなりません。

 あと...

 注意しなければならないのは配当所得について申告分離課税と総合課税の併用は不可という点です。

 正確にいいますと上場株式の配当所得について申告分離課税を選択した場合は確定申告する上場株式の配当所得は全て申告分離課税で申告しなければならない...

 ややこしい話ですが...

 申告分離課税を選択しても特定口座単位で申告不要制度を選択することは可能だったりします(滝汗)

 もっとややこしい話をすると...

 上場株式の譲渡所得と配当所得を損益通算するには申告分離課税での申告が要件になります。

 もっともっとややこしい話しをすると...

 総合課税でも申告分離課税でも申告する以上は配当所得も合計所得金額に加算されますが、確定申告不要制度を選択するとその配当所得は合計所得金額に含まれません。

 で...

 こういうややこしい話を電話相談センターで質問されると...

 口頭でいくら説明しても理解いただけないことが多い(汗)

 仮に制度を理解していただいても今度は「結局のところどうしたら一番お得なのか?」という質問に発展します(滝汗)

 そこから先は...

 報酬を支払って税理士に個別に相談される領域というのが正直なところだったりします。

 いずれにしても来年の確定申告は配当所得の申告が増えることは間違いないと...

 今年の確定申告が終わる前からモヤモヤしています。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
配当所得は、ほんとややこしいです。健康保険の状況によっても変わってきますし、損得をズバッと示すのは難しいです。こればっかりは個別に判断しないと分かりませんね。譲渡所得の次に、ややこしいような気がします・・・

No title

おはようございます。
ナルホド!おっしゃる通りですね~。
配当課税については、所得区分に加えてその方の所得判定(配偶者・扶養控除)にも影響を及ぼす増すので慎重な判断が必要だと思います。
大手企業の業績回復に伴って配当金も増える可能性もありますからね~
また一つ仕事が増えるということになるのでしょうね(笑)
ポチッ!

To Gucci55さん

こんにちは。
配当所得の課税については納税者の選択肢が多いのがアレですね。
微妙に税金の損得があるので選択肢が多いのも考え物だと思いますが、制度ですから仕方ありません。
普遍的な法則がないので一般論で語れないのが厳しいところです。

To 税理士いとうさん

こんにちは。
大昔(昭和のころ)は資産所得は10万円で扶養控除の対象外になりました...
資産合算課税なども懐かしい...
そういう時代に比べれば現在はシンプルになってるのかもしれませんが、納税者の選択肢という点では現在の方がバラエティに富んでいますね。
つまりは難しいというよりややこしいということでしょうか。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。