スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開業届と廃業届

 千葉市の税理士ふくやまです。

 所得税法では個人事業を開業したり新たな事業所を設けたり廃業したりといった場合には税務署の開(廃)業届を提出するように規定しています。

 その期限は事実のあった日から1月以内です。

 たま~にいただく質問に「開業届を提出していないとど~なるの?」というのがあったりします。

 同様に「廃業届を提出していないとど~なるの?」というのも趣旨は同じですね。

 で...

 これが意外なことに開(廃)業届の提出の有無というのは税務の実務上はあまり(というかほとんど)意味が無かったりします。

 開業届を提出していなくても事業を行っていれば事業所得が生じますし、廃業届を提出していなくても実際に事業を辞めてしまえば事業所得は生じません。

 せいぜい小規模企業共済などの給付原因として「廃業」を証明するために廃業届を提出するとか...

 そんな程度です。

 逆にいいますと...

 廃業届を提出したとしても引き続き事業を行っていれば事業所得として申告・納税しなければなりません。

 廃業届をもって事業を廃止したと形式的に主張することはできても、実際に事業を続けていれば廃業したことにはならないということですね。

 一方で青色申告は形式的手続が要件として厳格に存在しています。

 青色申告は事業開始後2カ月以内に申請しなければならないのですが、この開業の日は形式的には開業届に記載された日ですが、真実の開業日が異なれば(そういった観点で税務調査を受けて事実認定されれば)理屈上は青色申告は認められない(次年度からになる)ということになります。

 じゃ~「開業届なんて意味ないじゃん!」となるのですが...

 マジメな税理士は必ず開業届は正しく提出いたします。

 なにしろ所得税法で開業したら1カ月以内に開業届を提出することと決められていますので(汗)

 また、税務実務の上ではあまり意味のない開(廃)業届ですが...

 税務以外の実務では重要な意味を持つこともあります。

 なんか禅問答のようなやりとりになりそうですが(汗)

 税金の手続には意味不明なものもたくさんありますし、意味が無くてもきちんとしていないといけないものがたくさんあったりします。

 これまたたまにですが...

 意味が「理解できない」とか「納得できない」という理由で手続を否定する方がいたりもします。

 スッキリした説明がないとしてもですね...

 形式的な手続だとしてもですね...

 やはり正しい手続を踏むことは大事ですから(汗)

 本当に税法はややこしい(滝汗)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
開業届出・・・それもなぞの一つですね^^;
新人の頃、これ遅れたらどうなるの?? 出さなかったらどうなるの?なんて考えたものです。
一つのルールですし、そのルールが適用される日本で事業しているわけですから、ごちゃごちゃ言わずに出しましょう。開業の届出なんて、その他もろもろワンセットで考えているので、開業だけ出さないなんてありえません!
ほとんどの場合、期限が過ぎてからの関与ですけど^^;

To Gucci55さん

こんにちは。
メール相談や国税局の電話相談などでいただく質問のなかには、目から鱗というようなものもあったりします。
「個人事業の開業」の税法上の定義とは?
マジメに考えると答えがありません(汗)
もっともそういう質問の多くは税金の計算上「ど~でもよい」ことだったりするのですが...
だからといって「いいかげん」で良いわけもなく(滝汗)
手続の実体的意味が不明でも形式的に整えるという極めて日本人的な振る舞いが求められたりします。
租税(課税要件)法律主義とはいうものの、実際のところは通達を含めた慣習法に依存しているところがたくさんあるのも税法のアレなところですね。
いいかげんなものをマジメに語るのも税理士に求められる能力かもしれません。

No title

初めまして。質問なのですが、
例えば2年前に廃業してるのですが、
廃業届を出すのを知らなくて、
今から出しても大丈夫なのでしょうか?
職種は飲食業です。
よろしくお願いします

To ジョーさん

こんばんは。
申し訳ございませんがブログのコメント欄での質問には対応しておりません。
よろしくご諒解ください。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。