スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計ソフトの入力方法

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は「弥生会計」と「ネットde会計」という会計ソフトを推奨しています。

 法人のお客さんは原則として「弥生会計」。

 個人のお客さんは「やよいの青色申告」。

 クラウドシステムで税理士とデータを共有したいという場合やMacで会計ソフトを運用したいというお客さんには「ネットde会計」。

 いずれにしても、記帳代行をお引受する場合を除きお客さんには会計ソフトを導入していただくことになります。

 最近は税理士の老眼がすすんでいるので紙の帳簿は身体スペック的にも厳しいですし...

 で...

 会計ソフトを導入するとお客さんに合わせて各種設定を行います。

 そして入力方法の指導へと進んでいくことになります。

 実はですね...

 会計ソフトの入力方法というのは必ずしも決まったものがあるワケではありません。

 「弥生会計」を例にとっても...

 仕訳入力画面から入力する方法。

 仕訳日記帳画面から入力する方法。

 総勘定元帳画面や補助元帳画面から入力する方法。

 現金出納帳や売上帳などの画面から入力する方法。

 伝票入力画面から入力する方法。

 簡単取引入力画面から入力する方法。

 など、取引記録を入力するだけでもたくさんの入力方法があります。

 ちなみに多くの税理士事務所で採用しているのが仕訳入力画面からの入力だと思います。

 特に弥生会計の税理士専用バージョンには仕訳入力に「高速入力モード」がありますのでテンキーだけでバシバシと入力することができます。

 税理士がお客さんにおすすめする入力方法も仕訳入力画面からの入力というのが一般的かもしれません。

 預金通帳などのデータをツールを活用して弥生会計に取り込む場合も仕訳入力画面での補正となりますから理屈の上からも一番効率のよい入力方法だと思います。

 しかしながら...

 ウチの事務所では事務員に対してもお客さんに対しても弥生会計の入力はすべて「振替伝票」画面から入力していただくようにお願いしています。

 ウチの事務所と付合いはじめてから弥生会計を導入したお客さんは多分、「振替伝票入力」以外の入力方法はないと思っているかもしれません(汗)

 それくらい徹底して入力は「振替伝票画面」からお願いしています。

 振替伝票画面から入力する最大のメリットは能動的にデータ更新をする必要がある点です。

 弥生会計を利用している方はご存知だと思いますが、弥生会計のデータ入力は振替伝票入力以外は入力即データ更新です。

 うっかり誤って入力してもそのままデータが更新されてしまいますし、入力時点で誤入力に気付く明確なポイントがありません。

 当たり前ですが定期的に各種残高をチェックしたりしますからその時点でデータを修正すれば良いとなりますが、会計データの正確性という点で今イチ不安が残りますし、データ修正入力も入力即データ更新ですから...

 振替伝票入力の場合、データの更新は「更新ボタン」か「F12」キーを押すというアクションが必要です。

 「入力スピード命」の場合、この「F12」を押すという動作がとても非効率に感じる(実際に非効率)のですが、このチェックアクションがデータ入力の正確性に大きな効果があると思っています。

 また、振替伝票から入力したデータは修正する場合も必ず振替伝票から入力することが要求されますので、各種帳簿画面でデータをチェックしている時にうっかり誤入力というような事故も防げます。

 なによりも振替伝票の場合、仕訳のイメージが容易というのもある程度のレベルの方には気持ち良いのではと思います。

 ただし、預金通帳データなどツールを使って弥生会計にデータを取り込んだり、エクセルで仕訳データを生成して弥生会計にインポートするような場合、弥生会計のシステム内で振替伝票入力データと異なるタイプのデータとして管理されてしまうのでその後のデータ修正等が面倒(泣きたくなるほど面倒です)というような短所もあります。

 したがって、ウチのお客さんには極力、預金データ等もツールを利用せずに振替伝票入力で入力するようにお願いしています。

 結局のところ...

 会計ソフトは入力作業の他にデータのチェックという作業が必ず必要で、そのチェックをいかに効率的に行うかという点に重点を置くと振替伝票入力にメリットがあり、入力作業そのものの効率化に重点を置くとツールを活用したり仕訳入力画面からの入力にメリットがあるということになります。

 ウチの事務所はチェックの効率と正確性に重点を置いているということです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
なるほどー。振替伝票入力にして、1回1回決定ボタンが必要になるとミスは必然的に減りますね。考えましたねー。その通りだと思います。ちゃんと仕訳辞書作っておけば、案外、簡単なもんです。何やっているか分からないうちに、帳簿が完成しますから。それに慣れてしまえば、どの入力方法でも大して変わらないかもしれませんね。

To Gucci55さん

こんばんは。
簿記の知識がないと入力が難しいといわれている振替伝票入力ですが、通常の入力パターンは限られていますので勘定科目コード(ウチは3ケタの数字を採用)を覚えれば意外と簡単だったりします。
とはいうものの従来からの弥生会計ユーザーで仕訳入力に慣れているような場合はそのままということもあります。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。