スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「n分n乗課税」を考える

 千葉市の税理士ふくやまです。

 日中はお客さん訪問、夜間は入力作業と確定申告書の作成と既に1カ月近く超繁忙期を楽しませていただいております(汗)

 ブログのネタも確定申告関係のものが多くなり、忙しいという割には事務所滞在時間が長くなるのでブログの更新頻度は高くなり(2月はほぼ毎日更新~)...

 最近は曜日感覚もマヒしてきています(ブログのアクセス数が少ないと土日とわかります...)。

 で...

 朦朧とした状態でネットのニュースを眺めていたら「所得税を世帯単位で課税することを検討~」というニュースが目につきました。

 子供の数が多いと税負担が軽くなるということですから、世帯課税方式のなかでも「n分n乗課税」をイメージしていると思われます。

 「n分n乗課税」とは家族全員の所得金額を合算してから人数で除した金額に税率を適用するという課税方式で税率が累進方式の場合には世帯人数が多いほど低い累進税率の適用があるので有利になるというものです。

 先進国ではフランスだけが採用しています。

 他には米国とドイツが選択制で「2分2乗課税」を導入しています。

 昔は英国も夫婦の所得を合算した世帯課税を導入していましたが現在は日本と同様に個人単位課税になっています。

 で...

 「n分n乗課税」を導入するメリットを考えてみるとですね...

 たくさん稼いでいる人がいる世帯はより税負担が軽くなり、それほど稼いでいる人がいない(家族でまんべんなく稼いでいるという意味)場合は税負担はあまり軽くならないといえますので、「バリバリ稼ぐお父さんと専業主婦に子供がたくさん」というケースでよりメリットがあるということになります。

 しかしですね...

 世の中は年功給制度が廃れてきていますし普通のサラリーマンが高額な給与を得られるようなことは無くなってきています。

 当然ですが夫婦共働きというのが一般的になってきています。

 確かに「n分n乗課税」によって世帯員数が多い家庭は税負担は軽くなりますが、夫婦共働き世帯ではその軽減効果はそれほど期待できないように思えます(制度設計次第ですが...)。

 やはり少子化対策だけに着目すると「子供手当」のような給付が最も効果があるように思えます。

 現実を見てみれば...

 これからしばらくは個人の納税負担は大きくなるような気がしますし、子育て世代にやさしい税制は考える必要があるのは疑いの余地がないところですが...

 まずは年少者への扶養控除を復活させるのが第一のような気がします。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
ふくやまさんのブログを読んでいると、よく勉強されているなぁ、と思ってしまいます。税務署職員のときに諸外国の税制の勉強をされるのでしょうか?

To Gucci55さん

おはようございます。
私は国税OB税理士(亜種ですが...)ではありますが、税務署勤務は退職直前の1年と新人の時だけだったりします。
一番長く勤務したのが国税庁の税制改正対応の予算査定や国会対応などを担当する部署だったりしますので税務署職員や普通の税理士とは少々知識を得た経緯が異なったりします。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。