スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申告書を送るときは必ず郵送にしましょう

 千葉市の税理士ふくやまです。

 確定申告もあとわずかで申告・納税期限を迎えます。

 この時期まで確定申告書が作成できていない納税者の方は「夏休みの宿題は8月30日以降に頑張る~」タイプの方が多いと思われます。

 つまり、確定申告書の提出は申告期限ギリギリに提出する~

 夏休みの宿題も確定申告も期限を守れば結果オーライですから、ギリギリでも全然問題ありません。

 ただしですね...

 期限を1日でも過ぎてしまえば期限後申告となってしまいますから注意してくださいね。

 期限後申告になると「無申告加算税」が賦課されたり、振替納税ができなかったり、延納の届出が認められなかったり、青色申告特別控除のような租税特別措置法で定められている制度の適用が受けられないものがあったりします。

 納税額に直接影響があることが多いので、実際に期限後申告になって「えっ~」ということにならないようにしたいものです。

 で...

 申告書を国税庁HPの申告書作成コーナー等を利用して作成(印刷)し、提出は郵送で~という方も多いと思います。

 その際、確定申告書を送るときは必ず郵便で送るようにしましょう。

 別に郵便局の宣伝をしているワケではありませんが(汗)

 申告書の提出日は郵便(信書便)については消印の日に提出されたものとして取り扱われることになっています。

 つまり、平成25年分の所得税確定申告の場合、郵便による提出の場合は3月17日の消印までが期限内申告になります。

 これが信書便ではないメール便などの場合、納税地を管轄する税務署へ届いた日が申告書提出の日となります。

 まぁ、2月中の提出であれば大きな問題はないと思いますが、これから申告書を発送するような場合には注意が必要ですね。

 申告書の提出といえばですね...

 自分では確実に郵送した(ポストに投函した)のに理由はとにかくとして「税務署に申告書が届いていない(汗)」ということもあります(本当はあってはいけないのですが...)。

 郵便局と揉めるのは民事の世界でやるとして(汗)

 税法上は税務署に届いていないものは絶対に提出されたものとして取り扱われません(滝汗)

 実際に郵便物が相当の遅延(モロモロのトラブル...)をもって税務署に届くことがあるとして、郵便(信書便)であれば消印の日が提出日になりますがその他の場合は税務署に申告書が届いた日に提出したことになります。

 よく申告書の郵送は書留で~という話になりますが...

 書留は郵送した事実と受取人(税務署)が郵便物を受領したことを記録するというシステムです。

 仮に郵便物が届いていない場合に書留だから提出したものと取り扱われるというようなものではありません。

 税理士にとっては郵便事故で申告書が届かなかったというエクスキューズに書留というのはとても意味があることですが...

 ついでに提出関係での小ネタを...

 申告書の提出は納税地を管轄する税務署に提出しなければなりません。

 私は千葉東税務署が納税地を管轄する税務署なのですが、誤ってお隣の千葉西税務署に提出した場合は千葉西税務署から千葉東税務署に申告書が移送されて千葉東税務署の収受印が押印された日が申告書の提出日になります(年の中途に納税地が異動した場合についてのみ旧納税地を管轄する税務署に提出しても良いことになっています。)。

 こういったことは所得税に限らず全ての内国税に共通したルールだったりします。

 国税通則法という法律で規定されていますが、結構ややこしい法律だったりするのですが重要なことが書いてあるので仕事柄読まない訳にはいきません(汗)

 国税通則法と租税特別措置法の知識は税理士のベンチマークだったりします。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
提出すべき税務署を間違えた際の収受日はそうなんですね~
未だかつて、そのミスはありませんが、
何はともあれ宿題はギリギリではなく、余裕をもってやってしまいましょう~ということですね(笑)
ポチッ!

No title

こんにちは。
昔勤めていたところで郵送先を間違えている担当者がいて、税務署から電話がかかってきたのを思い出します。いとうさんが言われるように、余裕をもって対応していれば、ミスがあってもリカバリー出来る可能性が高いです。
とは、いってもギリギリになることがある・・・(泣)

To 税理士いとうさん

おはようございます。
提出する税務署を間違えても実際には郵送提出なので提出日は消印の日になりますから問題はないことがほとんだと思いますけど...
余裕をもって仕事をしたいのですが、これまた毎年ギリギリの提出になります(汗)

To Gucci55さん

おはようございます。
理想と現実は異なるものですね(汗)
私もまだまだ確申作業真っ最中です(滝汗)

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。