スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借方と貸方って難しいですよね

 千葉市の税理士ふくやまです。

 開業当初はウチの事務所も「経営者が会計ソフトを入力することができなければコストはかけても記帳代行すれば良い。」と考えていたのですが...

 現在では会計データの入力(記帳)は原則、お客さんが自ら行うという考えになっています。

 「絶対に記帳代行はやらない!」というような頑固者でもありませんが、会計データは自社で入力することで日々の取引の詳細な流れが把握できたり、会計的な数字をリアルタイムに俯瞰できたり、なにより税理士報酬を節約する意味でも自社による記帳はメリットが大きいと思っています。

 しかしながら...

 会計ソフトがいくら使いやすくなったといっても「複式簿記の帳簿」です(汗)

 勘定科目の損益と貸借の区別ですとか借方・貸方の区別などは最低限必要な知識であることは間違いありません。

 会計ソフトには借方・貸方を意識しない簡単入力機能が用意されていたりもするのですが、実際に簡単入力機能を使ってみると複合仕訳などの入力がとても面倒だったりします。

 で...

 税理士としても記帳で悶々としているお客さんはしっかりとフォローアップしなければなりませんから、私もメールや電話などでいつでもどこでも質問に対応するようにしています。

 それでもですね...

 仕訳の説明をする際に「売上の入力ですか〜借方、売掛金で補助勘定○○、貸方、売上高で補助勘定△△ですよ〜」と電話で説明したりすると...

 「センセ〜借方って右?」というような質問をいただいたりします(汗)

 すかさず「借方は左ですよ〜」となるのですが...

 訪問時に残高チェックをすると残高が合わない(汗)

 普通に借方、売上高で貸方、売掛金と入力されていたります(滝汗)

 我々のような簿記と暮らして30年というような人間はともかくとしてですね...

 やはり普通の人にとっては借方・貸方というのはどうしてもなじまないものがあるようです。

 と...

 そんな話を事務所のスタッフと話ていたところ、「私もたまに間違えちゃうんですよね〜」と(汗)

 いえ...

 日商簿記1級を持っていても会計ソフトの入力時になんとなく反対に入力することがあるそうです。

 手書きなら絶対に間違えないそうです。

 まぁプロでもあるのがミス(入力誤り)です。

 普通の人が間違えるのはとっても普通のこと〜

 間違えたら正しく修正すればいいんです。

 借方と貸方って難しいですよね〜

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。