スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶養是正の連絡(汗)

 千葉市の税理士ふくやまです。

 給与所得者は毎年勤務先に「扶養控除申告書」を提出します。

 この書類を提出することで源泉所得税が甲欄適用(主たる勤務先)になります。

 また、源泉徴収税額は扶養親族の数によって変動しますから、天引きされる源泉所得税の額も扶養控除申告書によって判定します。

 無事に1年が経過して年末調整を迎える際に改めて扶養親族(配偶者)の所得確認を行うのですが、これはあくまでも自主申告です。

 事実と異なる申告をされても勤務先や税理士は確認する術がありません(汗)

 しかし...

 地方自治体(住民税)の課税の際に扶養(配偶者)控除の適否は結構な確率で是正されます。

 それは各自の勤務先が給与支払報告書を自治体へ提出しているからです。

 したがって年末調整時に扶養(配偶者)控除を適用していた人で実際には控除が受けられないような場合、住民税は適正な控除で計算され通知されることになります。

 で...

 住民税が適正な課税をされているのに所得税が誤ったままというワケがあるはずがなく...

 後日、本人または勤務先へ扶養(配偶者)控除是正の連絡が来ることになります(汗)

 当然ですが期限後申告あるいは修正申告をしょうようされるワケですから追加の税金や延滞税、場合によっては加算税が課税されるということになります(滝汗)

 さらに、数年分まとめて連絡がくることもありますから、その場合は申告書の枚数も納税額もアレな状況になります...

 こればかりは勤務先に文句を言っても、顧問税理士に文句を言っても始まりません。

 なにしろ扶養親族にならないのに扶養親族だと申告しているのは納税者本人ですからね。

 と...

 そろそろそういう連絡が来る季節になりましたということで...

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
この部分は行政機関同士の横の連携がきっちりしているんですよね(笑)
扶養対象者の所得については、手取額ではないとか、非課税の通勤手当を除くとか、現金主義であるといった事を注意喚起するのですが、毎年必ず是正通知が届いてしまいます。可能な限りの情報をお伝えしていますのであとはご本人次第。致し方ないと言えばその通りなのですが(汗)
ポチッ!

To 税理士いとうさん

こんばんは。
所得税の確定申告書は個人住民税の申告書も兼ねているのですが、住民税は申告納税制度ではなく賦課課税制度。
地方税当局が自主決定した情報は資料せんとして国税へ〜
ということですね...
毎年のように扶養(配偶者)控除を誤るというのは確信犯でしょうから...
バレないと思っているのでしょうかね?

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。