スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日を増やすより休暇の取り方を改善したほうが良いと思う

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所にはあまり関係ないことではありますが...

 今年のGWは暦どおりであれば5月3日(土)~6日(火)の4連休となります(土曜日が休日の場合)。

 ところが4月26日(土)から29日(火)も1日有給休暇を取得することで4連休になり、更に4月30日(水)~5月2日(金)の3日間を休むことができれば11連休という超大型連休になります。

 こうなると会社の方針で一気に大型連休になる場合もあるでしょうし、暦どおりの営業となれば最大4連休ということになるのでしょう。

 学校は暦どおりでしょうから家族旅行などはやっぱり5月3日からの4連休に集中するのでしょうか?

 それでも5月や9月は祝日が多いので大型連休になりやすいことは間違いない...

 学校の長期休暇の時期と5月9月の大型連休の時期は観光業にとっては書き入れ時で料金もプレミア価格になるようなことがあったりします。

 大型連休を観光地で過ごすとなると普段より費用もかかるし混雑もする(汗)

 しかしですね...

 日本の観光地は平日と休日さらには連休期間とで繁閑の差がとても大きい...

 観光地で事業を営む場合にはどうしても需要の多い時期に稼がなくてはいけないので、宿泊施設などの料金設定など仕方がないといえばそのとおりだと思います(滝汗)

 ところで...

 以外に知られていないことなのですが...

 先進国のなかで日本は最も祝日が多い国だったりします。

 暦どおりに働くと先進国で一番お休みが多いのがなんと日本なんですね~

 日本人は働き者だったはずですけど(汗)

 そんな日本の祝日は更に増えようとしています。

 「山の日」だそうです。

 1年で唯一祝日がない8月に制定することを検討しているそうです。

 「海の日があれば山の日があってもいいではないか~」その通りだと思います。

 しかしですね...

 いくら祝日を増やしても他の先進国のような長期休暇という考え方(文化)が定着しないと暦の上では先進国で最も休日が多い日本人でも休暇下手なワークホリックなままだと思います。

 たとえばですね...

 プロジェクトが完了したら次のプレジェクトが始まるまで1ヶ月程度休暇を取るとか...

 7月~9月の期間は交代で2~3週間の休暇を取るとか...

 勤続5年目の誕生月に1ヶ月の休暇取得だとか...

 まずは体力のある大企業で実践していただきたいですね。

 日本の生産人口は今後どんどん減少していきます。

 昔は50歳とか55歳で定年だったサラリーマンも60歳定年になりやがて65歳定年が定着してくるでしょう。

 もしかすると70歳定年とか定年制廃止(完全職能制)もあり得るかもしれません。

 それだけに...

 これからのサラリーマン生活は今まで以上に長期戦になるワケです(汗)

 健康で長生きすることがとても重要になります。

 そのためにも長期休暇の文化は必要だと思いますがいかがでしょうか?

 1ヶ月も休暇を取れば、職場が恋しくなり今まで以上にバリバリ働く意欲が湧いてくるかもしれません。

 大企業のサラリーマンに長期休暇の文化が定着しないと零細事業者が長期休暇を取るというのは夢のまた夢です(滝汗)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
日本って休みが多かったんですか?だとしたら、やはり休みの取り方とか使い方が上手ではない気がします。仕事が好きな私としては、偉そうなことは言えませんが、それでも、各人に自由な休暇の与えられ方が必要なのかなぁなんて思います。そのほうが、仕事にもやる気がでないでしょうか^^;

To Gucci55さん

おはようございます。
日本は残業文化がありますし、そもそも各人が処理すべき業務量が就業時間と比べて多すぎるのではという問題もあります。
一方でアメリカのサラリーマンの上位10%は日本人以上に働いています。
彼らはプロジェクト単位で働いているのですが、プロジェクト期間中は休暇もなく寝る時間がなくても平気だったりします。
でもプロジェクトが終われば次のプロジェクトまでは長期休暇が一般的で、場合によっては大学院に復学して1~2年勉強しちゃうこともあります。
労働問題は複雑な要素が絡み合っているし文化的な背景の影響も大きいので簡単ではないと思いますが...
議論をすることは重要だと思います。

No title

おはようございます。
8月はお盆がありますので、6月に「恵み(雨)の日」なんて如何でしょうか~(笑)
税理士が1ヶ月も休んでしまうと職場は恋しくなるでしょうが、お客さんもいなくなっちゃう気がします(汗)
長期休暇が無理なら、サラリーマンよりも早い時期に引退?それともやはり生涯現役?
ん~、サラリーマンと同じ土俵に上がろうと思うことに無理があるのかもしれませんね。
ポチッ!

No title

はじめまして。

私は休日が増えても、その休日に出かけてどこも混んでいる状態であれば休日の意味がない気がします。

この問題を解決するには、会社のトップが平日にどんどん休めと号令をかけるか、自分が独立してそういう良い会社をつくるしかないですね。

To ハナミズキさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
ディズニーランドなどは例外として、平日の観光地は混雑しませんからね。
ゆっくりと休暇を楽しみたいとなれば平日に休暇を取るのが一番でしょうね。
また、休暇の過ごし方というのもこれからは考えなければならないことになるかもしれませんね。

To 税理士いとうさん

こんばんは。
働いてナンボの自営業者は長期休暇なんて夢のまた夢ですね(笑)
というか働かないとご飯が食べられなくなっちゃいますから(汗)
でも企業の休暇のあり方や過ごし方などはこれから多いに議論されるべきだと思っています。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。