スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務訴訟の判例について考える

 千葉市の税理士ふくやまです。

 日本の税制は「租税法律主義」によっていますので税法の定めるところにのみ課税要件(税金を課するネタ)があるということになります。

 つまりは税法に規程のない税金は存在しないし税法に書かれていないようなことで税金が課されるようなことはないということです。

 そうはいっても税法の一字一句を厳密に照らして「こういうことで税金が課されるとは税法のどこにも書かれていない~」と主張してもそのとおり通らないことが往々にしてあります。

 納税者と課税庁の主張が相容れない場合は、異議申立や不服審査請求などの手続を経て最終的には司法の場で決着を図ることになります。

 先日も競馬の当選金は一時所得か雑所得かという争いに地裁ではありますが判決がでたりしています。

 裁判所の判決のなかで後々の判断基準に影響があるようなものを「判例」といいます。

 判例というのは実体法ではありませんが、実体法に複数の解釈が存在しうるような場合は実質的にその判断基準となりますので「判例法」といって実務の世界では法律と同義に取り扱うことが一般的だったりします。

 例えば、今回の競馬の当選金について司法は雑所得に該当すると判断しており、競馬予想ソフトなどを用いて継続的に多種の馬券を購入するような場合は外れた馬券も買わなければ当たり馬券も買えないので外れ馬券も収入を得るために要する必要経費であると断言しています。

 今までは...

 国税庁が公開している通達(国税庁が税法をどのように解釈しているのかを公表している文書)で競馬の当選金は一時所得に該当し所得から差し引く金額は当選馬券の購入費のみだとされていました。

 今回は国税庁の公式見解が真っ向から否定されたということです。

 ここで考えるのは...

 地裁判決をもって判例とするのは良いとしてもその判例が実務上どこまでの拘束力を持つのかということだったりします。

 判例は上級審のものがより優先されますし、同級審のものであれば最新の判例が優先されます。

 地裁の判決が高裁や最高裁でひっくり返ることもあります。

 ただし、多くの裁判が地裁で確定してしまうということもあります。

 この場合は最後の地裁判決は判例となってしまいます。

 税理士の実務でややこしい判断が求められる場合は類似事例の判例を確認することは基本中の基本だったりするのですが...

 マジメな税務業界は一地裁の判決でも判例として確定的な法的拘束力を盲目的に与えてしまっているようなことがあったりします(汗)

 個人的に思うのはですね...

 判例は決して軽く見てはいけませんし、ほとんどの場合は判例どおりの行政判断がされて司法の判断もされてしまうのですが、判例といえども絶対的な法的拘束力がある訳ではないので、時と場合によっては頑張ってみることもアリではと...

 特に課税庁側有利の地裁判例などはよく検討してみれば現在の一般人的感覚では「?」というようなものが結構あります。

 税務調査の際に勉強している調査官殿は「先生~昭和○○年の△△地裁の判決はご存知ですか?」ときたりしますが...

 「調査官殿~よく勉強されているようですが、数十年も昔の地裁判決のみを拠り所に主張されてもど~なんでしょう。」と言い返してしまいます(笑)

 よ~く法律を読んでですね...

 冷静に税法について議論すれば判例と異なる見解に帰着しても許されるような場合もあると思います。

 いえ...

 私は平和主義なので税務訴訟などはご遠慮したいと思っておりますので(汗)

 最終的に「出るとこ出て決着つけよう~」などというようなことは滅多に申しません(滝汗)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。