スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつだが確実に意識改革が進んでいると思う

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの法人顧客は決算期が3月〜9月に集中しています。

 したがって、申告書の提出時期は5月末〜11月末ということで現在3月決算法人の申告作業がやっと目処がついてボチボチと4月決算法人の決算書作成にとりかかかっています。

 確定申告が終わったと思ったら今度は法人の決算・申告対応で毎日ヘロヘロになっています(汗)

 貧乏ヒマなしでございます(滝汗)

 それでも開業初年度から年々お客さんの業績が向上している...

 つまりは黒字法人の割合が増えてきていることは顧問税理士としてとても喜ばしいことです。

 ウチの事務所の基本的な考え方の一つに「無理が通れば道理が引っ込む」というのがあります。

 しっかりとした経営をしていれば努力の結果として業績が向上する。

 決算で大きな利益が生じればそれなりの納税額が生じる。

 ここでイロイロな策を講じてですね...

 法人の利益を無理やり圧縮するようなことを考える経営者や税理士がいたりしますが、実際のところ税負担は軽減してもそれ以上にキャッシュフローが悪化したり、そもそも節税額以上のコストを投下するようなケースがかなりあったりします。

 納税は「親の敵」ではありませんから冷静に法人(あるいは経営者)にどれだけの資産が蓄積できるのかを検討することがなによりも重要だと思います。

 100万円の節税をするために500万円のコストが必要といわれて真剣にその策を採用するかを検討するような経営者ではいけないというのがウチの事務所の主張です。

 創業当初は「センセ〜いつかはガンガン税金を納めるような身分になりたいですね〜」と言っていた社長さんがいよいよ多額の納税をすることになる〜

 本当に喜ばしいことです。

 が...

 実際にはこの期におよんで「センセ〜今年は納税額をなんとか少なくしたいのだけど〜」と泣き言を(汗)

 私は話が長い上にしつこい性格ですから「納税することが真の資産形成の第一歩」という説明を延々と展開することになります(滝汗)

 おかげさまで、最近は決算で大きな利益を計上してたくさん納税することを心の底から喜ぶ社長さんが増えてきました。

 業績の向上とともに社長さんたちの財務に対する意識改革が少しずつですが進んでいるということだと思います。

 社長さん〜

 無駄な支出で無駄な節税などを考えるよりもしっかり納税してしっかり資産を残しましょう。

 まぁ増額して良い経費といえば...

 税理士報酬くらいでしょうね〜

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。