スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と多い?ニセ税理士

 千葉市の税理士ふくやまです。

 「ニセ税理士」と聞くと「身分を隠して書類の受け渡しなども人目につかないようにひっそりと...」というイメージがありますが...

 よく考えると本物の税理士も常に税理士バッチを付けているワケではありませんし、書類の受け渡しなどは本来、人目につくようなところでは行いません(汗)

 傍目から見れば「本物の税理士」と「ニセ税理士」の区別などはつきません(滝汗)

 そうは言ってもですね...

 お仕事を依頼する社長さんは相手が「税理士」なのか「税理士ではない者」なのかは知っているハズ...

 と思っていたのですが...

 どうやら「ニセ税理士」と知らずに、つまりは本物の税理士だと思って「ニセ税理士」とお付き合いをしている社長さんもそれなりにいるようです(滝汗)

 これって、ど〜いうことなのかといいますと...

 例えば、記帳代行などの会計業務は税理士の独占業務ではありませんから記帳代行業者などが請負うことは問題ありません。

 しかし、記帳する際に税務面での判断が必要な場合にですね...

 税理士以外の者が判断して記帳していくようなことは税理士法に違反する「ニセ税理士行為」になってしまいます。

 消費税の可否判定とか年末調整業務だとか交際費などの判定だとかイロイロありますよね。

 社長さんとしては記帳するのにそういった税務面での判断も当然に必要なので、そういった部分も含めて記帳代行業者に依頼しているという意識でしょうし...

 もっとも記帳代行業者といっても税理士経営していたりするケースも多いですし、税務面については別途、税理士と契約していることもあります。

 こうなると一般企業の社長さんが税理士法上の適法性などを判断することは困難ですよね。

 記帳代行業者以外にも税理士事務所で勤務経験がある、税理士の実務を行う能力がある無資格者がコンサルタントなどの名目で報酬を受取り実際には税理士業務を行っているような場合もあります。

 この場合は依頼する社長さんも「この人は税理士ではない」と自覚していることが多いでしょうけど、こういった無資格者は申告書に署名・押印ができません。

 それらしい申告書を作成していながら税理士署名欄が空欄というのも怪しいですよね〜

 で...

 そういう無資格者はお仕事がヒマな税理士に署名押印だけを依頼して外観上は税理士が書類作成したように装うようなこともあるそうです。

 こうなると「名義貸し」ですから名義を貸して無責任に署名押印する税理士も税理士法違反になってしまいます。

 しかしですね...

 税理士事務所と契約しても会社を訪問したり書類作成をするのは無資格の職員ということは良くあることで、実際の書類作成も税理士本人が行っていないことも良くあることだったりします。

 この場合、所長税理士がどこまでチェックしているのかは分かりませんが、一応は税理士の署名押印があれば無資格の税理士事務所職員が書類を作成してもニセ税理士行為にはなりません。

 フリーの無資格者が書類作成をして知り合いの税理士に印鑑を押してもらうのと、税理士所属の無資格者が書類作成をして所長税理士に印鑑を押してもらうのとどこが違うのか?

 お客さんにこんな質問をされるとですね...

 一応の答えとしては税理士事務所の場合は仮に職員が書類作成をしても所長税理士が全責任をもって書類をチェックしているが、フリーの無資格者(ニセ税理士)の場合は税理士はチェックもしないで「メクラ判」を押しているだけなので...

 となります。

 答えている自分の頭のなかに「?」が大量に沸き上がってきます(汗)

 記帳代行業者に記帳代行を依頼することは悪いことではありませんが、申告代理も依頼するのであれば別途、税理士と契約するようにしましょう。

 そして、税理士と付き合う場合はですね...

 担当者だけではなく、最低でも年に数回は税理士本人と面談して税理士本人が自社のことをどれだけ把握しているのかチェックすることをおすすめします。

 イロイロと考えてみるとニセ税理士というのは意外に多いのかもしれませんね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
実際のところ、所長税理士が申告書だけ目を通しても関与先さんの全てがを把握できるはずも無い訳でしょうから、責任と言われても結構ドキドキな気もします…
その辺りってどうなのでしょうね?
ポチッ!

To 税理士いとうさん

おはようございます。
私が税務署の統括官をしていた時に税務調査の立ち会いに無資格事務員だけがやってきたことがありました。
すぐに無資格職員を調査立会から排除したのですが、その後に所長税理士から猛抗議を受けました。
抗議したいのはこちらの方だったので聴取書を作成して税理士審査会に通報してみたらその税理士は懲戒処分になりました。
つまりは税理士事務所の職員であっても非登録であれば税理士行為をしてはいけないということです。
税理士の誰しもが知っていることですが、実際のところはズブズブのようなきがします。
ただし、税理士本人が直接対応できる顧客数は限られていますし例えば税理士会の重鎮役員はボランティアのような活動で税理士業務に従事する時間がありません。
こういったことを考えれると税理士制度は構造的に問題があるのであろうと思ったりします。

No title

下記の件は、税理士事務所の都合の良い論理だと思います。

本当に無資格職員の行為を税理士が逐一把握している事務所は良いでしょうが、実態はそうではなく、メクラ判を押している事務所もある。
逆に事務所外の無資格者であっても、税理士資格のある人がきちんとチェックしている場合もありうる。
無資格税理士事務所職員に税理士業務を実態として行わせているのは、明らかな税理士法違反だと考えます。特に、クライアントのところに訪問し、その際に税務相談を受けるなど、とんでもないことでしょう。
税理士事務所としては、無資格者にさせる事によってコストダウンが図れるから、税理士会も黙認しているだけではないでしょうか?

クライアントからしたら、どちらも悪質な税理士法違反です。

-----------------------------------------------------------------------------

 一応の答えとしては税理士事務所の場合は仮に職員が書類作成をしても所長税理士が全責任をもって書類をチェックしているが、フリーの無資格者(ニセ税理士)の場合は税理士はチェックもしないで「メクラ判」を押しているだけなので...

No title

税理士事務所に勤めている事務職の人が、書類作成等をしても
特に問題はないのではないですか? 税理士事務所に勤める人
全てが、税理士資格を保有する義務があるのでしょうか?
 今は、パソコンに入力ばすべて自動的に計算できるのでしょう
から、税理士資格の在るものが、一人いて、その他が無資格者でも
問題なんでしょうか? 

No title

現在、税理士を探している者です。そこそこ昔から業務をしている税理士事務所にコンタクトすると、まず間違いなく無資格者の職員がやってきます。税理士さん本人が同席したことはこれまで(当方の経験上)ありません。こちらが伝えたことも税理士さん本人の耳に本当に入っているのか、正直、疑問です(ですので、税理士さん本人とお話ができるところを探しているところです)。

税理士資格を保有しているか否かでは、何か起こった時の責任の所在、責任の取り方に雲泥の差があると思います。特に、当方は、顧客との間でガチガチの守秘義務を課されている仕事をしておりますので、税理士さんが同席していない状態で無資格者に詳しい話をすることはできません。「責任をとる」といっても、情報はいったん外に出たら拡散を止めることはできません。そこまで考えて「無資格者」に仕事を任せているのでしょうか??

無資格者であっても税理士の「監督」があれば業務ができるとの認識がこの業界にはあるようですが、外から見れば、非常におかしな話です(無資格者の医師に自分の手術を依頼する、なんてことは怖くてできないのと同じような感覚です。)。

少なくともファーストコンタクトで税理士さん本人に会え、本当に仕事を依頼してよいかどうか判断できるような税理士事務所って、ないのでしょうか?

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。