上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 無借金経営というのは会社経営の一つの理想形ではありますが...

 実際のところ成長する企業に求められる資金を自己資金だけで賄うことはなかなか簡単なことではありません(汗)

 特に、会社法改正以降に設立された法人は資本金が少額なことが多いので...

 法人設立の資金的なハードルが低くなったことで、とにかく起業は法人設立で~というケースが多くなりました。

 これは世の中(法改正)がそういう流れを指向しているわけですから当然のことではありますが、自己資金が少ない会社が大きく成長するにはどうしても他人資本(融資)に頼らなくてはなりません。

 今後はどうなるのかよく分かりませんが...

 今までは融資金利がず~と低金利で推移していましたから、それなりに融資残高があっても金利負担などもそれなりの水準で...

 つまり世の中が小資本で起業~必要な資金は融資で調達~という流れだったということです。

 くどいようですが、これからはどうなるのか分かりませんけど...

 いくら低金利時代といっても絶対に無くならないのが「元本の返済」です(汗)

 借りたお金は返さなくてはなりません。

 しかし...

 会社経営を継続していくには多くのリスクがあります。

 例えば、経営者に万が一のことが発生した場合など...

 社長に万が一のことがあっても、直ちに会社が消えてなくなるというようなことは普通はありません。

 それでも、経営者の交代というのは、特に不意の事業承継となると、取引先や金融機関などと従来どおりの関係性を維持できなくなることがあります。

 残念ながら多くの中小企業は社長の1枚看板ということがほとんど...

 後継社長の信用が今イチであれば、なかなか円満に事業継続~という訳にはいかないのが正直なところ...

 そうなると経営に大きな影を落とすのが融資残高だったりします(汗)

 もちろん、社長さんが元気にいつまでも経営の第一線で活躍することが一番です。

 が...

 将来のことは誰にも分かりません(汗)

 一寸先は闇(滝汗)

 したがって...

 融資残高がそれなりの会社はそれなりに生命保険に加入する必要性がでてきます。

 ここで言うのは、簿外資産をため込む節税保険のことではありません。

 あくまでも融資残高のリスク対策としての保障です。

 それなりに融資残高がある会社には積立や節税にコストを投下することは決して最善手ではないことが多い...

 生命保険は基本的には「保障」です。

 ここに「貯蓄」や「節税」という要素がからんでくるとなんとなく難しい話しになってしまいます(汗)

 難しいからと生命保険についての検討を避けてしまうことで、リスク対策の機会も失ってしまうのはとてももったいないことです。

 本当に必要な保障だけを見極めればいいんです。

 提案する側もここは肝に銘じておきたいですね。

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は生命保険代理店もやっております。

 生命保険の代理店をしていますが、現在は税理士業務が多忙なので特に営業は行っていません。

 したがいまして、ウチの事務所が生命保険の提案を行うのは税理士の顧問先やそのご紹介いただいたお客さんや同業者(税理士)に限られます。

 ウチの事務所が取り扱っているのはアヒル印だけですから基本は個人向けのがん保険や医療保険だったり、死亡保障も終身保険を中心にあくまでも生活保障的な保険になります。

 ちなみに、アヒル印の生命保険会社でも事業保険も取り扱ってはいますがウチのお客さんが社歴が浅い会社が多いこともあってあまり提案する機会がないんですね(汗)

 ところで...

 なぜ、社歴が浅い会社に法人契約の事業保険を提案しないのかといいますと...

 会社を設立して数年は資金繰りが安定しないからです。

 安定しないというのはキャッシュフローが良いとか悪いとかではなく先行きが見通せないという意味ですね。

 法人契約の事業保険というのは毎月の保険料をいくらに設定するのか、解約(又は保険譲渡)時期をいつに設定するのか、解約返戻金をどのように処理するのかといった中長期(最低5年以上)の資金繰り検討が必要になります。

 これをやらないで法人契約の事業保険に加入するのは財務上のリスク管理を怠っていると言わざるを得ません。

 ところがですね...

 普通の保険会社の営業さんが会社の財務状況を把握することは難しいことです。

 ですから保険会社の営業さんは一般論で保険提案をしてきます。

 これは仕方のないことで、社長は最終責任者としてその提案を評価・判断しなければならないわけですね(汗)

 ちなみにウチの事務所はお客さんから他社の保険提案の評価を依頼されても全く公平に評価してお客さんに説明しています。

 保険の契約はタイミングや縁というものも大きな要素ですからね~

 もっとも、ウチが保険をすすめていないというのは保険の必要性が少ないと税理士として判断しているからで、そういう状況の会社に提案された保険が良い内容ということは普通はなかったりします...

 ウチの事務所は税理士開業より保険代理店の開業のほうが先ですし、多くの税理士事務所が契約しているような紹介型代理店ではなく一般生命保険代理店なので保障設計から契約書作成・契約保全(住所変更や保険金支払手続)まで全部私が対応します。

 法人契約の生命保険を活用するには会社の規定類も整備しないといけないんですね~

 この規程の作り方ひとつでこれまたイロイロと将来の取扱いが変わったりします(汗)

 こういう仕事は普通の保険会社の営業さんには難しいでしょうし、税理士にとってもちょっと畑違いだったりします...

 保険代理店と税理士のハイブリットなウチの事務所の腕の見せ所だったりします。 

 それだけにむやみに保険は提案しません~

 ウチの事務所から法人契約の生命保険を提案された会社はですね~

 優良企業のスタートラインに立ったと思っていただいて良いと思っています。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。

 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 千葉市の税理士ふくやまです。

 何度も書いていることですが、ウチの事務所は生命保険の代理店も兼業しています。

 これまた何度も書いていることですが、税理士事務所が生命保険の営業職員に顧問先を紹介するような類の代理店ではなく一般の生命保険代理店として活動しています。

 なんといっても税理士事務所を開業するより生命保険代理店を開業したほうが早かったので正確な生命保険代理店の名称は「福山徹税理士事務所」ではなく「福山徹」個人名だったりします(汗)

 これまた何度も書いていることですが税理士事務所ではかなり珍しい「アヒル印」の専業代理店です〜

 普通は税理士事務所が生命保険代理店として契約するのはN社とかD社とか法人契約を前提とした商品が充実しているところなのですが...

 ウチの事務所はがん保険を中心に普通の個人向け保険をこれまた特に営業することもなくお客さんから問い合わせをいただいたら提案するという趣味でやっているようなアレでございます(汗)

 しかし、趣味のようにやっているだけに損得抜きで保険を提案しているという自負はかなりありまして、これまた一般代理店としての研修は数ヶ月に渡りみっちりとマジメに受けておりますからある意味、優良な代理店だと自己満足に浸っています(笑)

 おかげさまで税理士業界にも少しずつ知り合いが増えてきてくると他社生保会社様から代理店のお誘いをいただく機会も増えてきたりします。

 一応、事務所に募集代理人が複数名いるので乗合代理店として活動することも可能な状態ではあるのですが...

 今のところは「アヒル印」専業で活動していることを決めています。

 複数の生命保険会社と代理店契約を結んでいる「乗合代理店」はその名のとおり複数の生命保険会社の商品を取扱っているのでお客さんの細かなニーズにあわせた保険商品を提案できることがウリと言われています。

 一方で生命保険会社ごとに代理店手数料が異なっていたりするので「結局は代理店手数料の高い商品を勧めているのでは?」という疑念の声も聞こえてきたりします。

 個人的に思うのは...

 なにごともメリットばかりのことはないということだったりしますので、生命保険の乗合代理店と専業代理店にはどちらにも良さもあれば弱みもあるということです。

 生命保険というのは保険料を集めて資金を運用しながら事務手数料を差し引き残りを保険金や返戻金に充てるというものです。

 保障内容も満載で保険料は他社より安いというのは仕組上ありえません。

 また、普通の人が求める保障というのはだいたい似たような内容だったりしますから大きなポイントを決めてしまえば保険会社による商品の違いというのはもちろんありますがそれほど大きな違いがあるということでもないような気がしています。

 一番大事なのは大きなポイント(どういった保障が本当に必要なのか?保障や料金の優先順位は?)を確定する作業で専業代理店でも乗合代理店でもこの能力の優劣が顧客満足度を決定すると思っています。

 つまり、保険の代理店を選ぶ際には「○○生命だから信用できる〜」とか「たくさんの保険会社の商品を提案してくれる〜」というような点ではなく、「私のモヤモヤをハッキリと見えるようにしてくれる〜」という観点でいきたいものです。

 信頼できる代理店であれば、仮に保険代理店手数料の多寡で提案商品が決定されるという側面はあっても納得の商品を提案してくれるハズですからお客さんへの背信はないということになります。

 ウチは専業代理店ですから提供できる商品に限りがありますが、意外と限られた商品ラインナップでも不満のない保障設計(商品提案)はできるものです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。

 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は税理士事務所と生命保険代理店を兼業しています。

 また、税理士事務所には珍しくアヒルマークの生命保険会社専業(千葉ではウチだけだと思います。)だったりします。

 税理士事務所が生命保険代理店を兼業する場合ほとんどは国内D生命はN生命の代理店になると思うのですが、ウチの事務所は税理士登録前に生命保険代理店を開業していますので税理士業界の慣習にはとらわれずに自分で奨めたい保険商品を扱っている保険会社と代理店契約を結びました。

 ところで...

 税理士が生命保険を取り扱うことは珍しいことではありませんが、プランニングから契約業務及び保全業務まで全て自力でこなすケースは結構珍しいようです。

 ウチの事務所は一般代理店として生命保険会社と契約しているのでその点は例えば来店型の保険ショップと全く同じ機能を持っていますし、実際に同じ仕事をしています。

 来店型保険ショップと異なるのは...

 取扱保険会社の数ということになります(ウチはアヒル専業~来店型ショップは通常は乗合と言って複数の保険会社の代理店になっています)。

 ウチの事務所はアヒル専業の生命保険代理店ですから保険商品はアヒル印に限られます。

 アヒル印の保険商品は個人向けの生命保険としては結構素敵な商品が多いのですが、税理士に期待される節税面(法人向け商品)では他社商品と比べるとちょっと見劣りするところがあったりします。

 仮にお客さん(この場合税務顧問先ですね~)に最適な商品がアヒル印以外にある場合はこれまた顧問先に乗合代理店があったりしますのでそちらにご紹介となります(汗)

 ウチの事務所にとっては保険代理店収入より顧問先の利益の方が重要ですから。

 そういった総合提案力を考えると、複数の保険会社の商品を提案できる乗合代理店は掛け値なしに強みだと思います。

 実際に乗合代理店も「多くの保険商品から中立的に提案~」と宣伝していますし。

 ところで...

 生命保険代理店は保険契約をいただくと代理店手数料が得られます。

 これは商売ですから当たり前のことなのですが、同じような保険商品でも保険会社によって手数料の金額に差があり、乗合代理店は中立性を謳ってはいるが実際は手数料率の高い商品を積極的に提案しているのではというようなことが経済紙で記事になったりしています。

 記事の真偽は不明ですが...

 実際に生命保険のプランニングをしてみますとお客さん個々の事情や価値観など十人十色で提案の善し悪しを画一的に評価することはできません。

 生命保険は保障と資金運用と資産形成がミックスされているので完全オーダーメイドですから...

 ついでに言えば、生命保険は同じ商品であればどこと契約しても保険料は同じということです。

 代理店手数料が多かろうが少なかろうがその商品を契約する以上は契約窓口がどこであろうとお客さんにそのこと自体が不利益になることはありません。

 したがって...

 お客さんとしては代理店の手数料のことを気にするより本当に自分に合った保険のプランニングをしてくれるのかということが重要です。

 つまりは、信頼できるプランナーを選ぶことが最重要で、それがたまたま専属代理店であっても乗合代理店であっても生保会社の外交員であってもそこはどうでもよい事のように思います。

 仮に来店型保険ショップで保険の提案を受けて「手数料の良い商品を提案しているのかも...」と疑念を持つようであれば複数のショップで提案をとって比較するのも方法だと思います。

 それでも商品選択の最終責任は契約者が負うわけですし、生命保険というのは実に奥が深いところもあります。

 税理士も生命保険代理店も突き詰めると信頼関係ということだと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所はアヒルのマークの保険屋さんなので取り扱ってはおりませんが、お客さんの中には変額保険に加入されている方もいらっしゃいます。

 さすがにバブルが弾けて20年~

 今どき変額定期保険に加入する方はいないと思いますが、変額終身保険に加入する方はポツリポツリと見かけます。

 変額終身保険の場合は死亡保険金は最低保障額がありますし、保険料そのものは定額終身保険(普通の終身保険ですね~)よりお安いことがほとんどですから考えようによってはアリな選択かもしれません。

 しかし...

 資金繰りにアップアップの小規模零細事業者が変額終身保険に加入することはかなりリスクがあるということは理解していなければなりません。

 変額終身保険の死亡保障額は最低保障額があるのですが、中途解約した場合の解約返戻金は最低保障額がありません(汗)

 普通の終身保険ならば20年も保険料を支払っているとそれなりに解約返戻金が見込まれたりしますが、変額終身保険の場合は...

 資金繰りが厳しいのでここは生命保険を解約してしのごうと考えたところ、加入しているのが変額終身保険で解約返戻金はほとんどなし(滝汗)

 というようなケースもあったりします。

 もちろん爆発的に運用益が出ていれば結果は反対になりますけど...

 税理士としては生命保険を簿外資産として活用するのであれば解約返戻金が読める定額の終身保険をおすすめいたいところですね。

 もっとも現在は変額保険でも解約返戻金は予想できたりします(汗)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
詳細はこちらをご覧ください。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。